胃袋がいくつあっても足りない街、福岡に行ってきました

福岡

福岡に旅行してきました。以前に一度福岡に行ったことはあったけれど、その時は大分に行く電車の乗り換えのためだけで、滞在時間数時間でほとんど観光ができなかったので、実質今回が初めての訪問と言っても良いくらいです。

新幹線で博多駅に到着。さすが九州最大の都市だけあって、駅も立派で駅ビルも大きいですね。福岡なのに駅直結の百貨店が阪急なのに驚きました。阪急がまさか九州にまで進出していたとは…。早速お昼ご飯を食べることにしました。目的のお店は、駅から地下街で繋がっているビルにある、大地のうどんと言ううどん屋さん。

うどんと言うと、どうしても香川県のイメージが強いですが、福岡って実はうどんも有名なんですよね。ずっと食べてみたかった福岡のうどん。さっくさくの大きなごぼう天の乗ったうどんは、半透明に透き通って見えるくらいの透明感でのど越しが最高でした。お昼時には少し早い時間だったけれど、お店の外には行列ができるくらいの人気店でした。

次にちょっといろいろな所を見て回って、おやつの時間になったので博多駅のバスターミナルにあるむっちゃん万十のお店へ向かいました。むっちゃん万十は、言うなればたい焼きがムツゴロウの形になっているお菓子。福岡市民のソウルフードとも呼ばれていて、おやつにピッタリらしいのです。ちょうど小腹も空いてきたので、買ってみました。

あんこ、カスタードなどたい焼きでもおなじみの味の他に、ハムエッグ、とんとん(豚の角煮)、ごろごろちゃん(たこ)など珍しい味があって、迷ってしまいます。一番人気らしいハムエッグと定番のあんこ、気になったとんとんを購入しました。駅の休憩スペースで早速食べてみることにしました。

マヨネーズの相性抜群のハムエッグ、ハズレなし安定のおいしさのあんこ、甘辛い角煮が意外と合うとんとんと、どれもおいしくて3つともぺろりと完食です。ただこのむっちゃん万十、たい焼きと比べるとかなり厚みがあってボリュームがあるので、私のお腹はパンパンになってしまいました。

他にも他所では見たことのないスイーツのお店もたくさんあって、食べたいものだらけで困ってしまうくらいでした。実は福岡って食い倒れの街かも知れません。今回食べられなかったものは、次回リベンジしたいと思います。

福岡 おすすめ ランチ